【飛行映像つき】Potensicから専用アルミケース付きのT-25完全版が出たぞ【徹底分析】

ドローン
まきせ
まきせ
人気ドローンメーカーPotensicからT-25完全版が発売された

T-25は僕のお気に入りモデルT-18の兄弟分的な存在で2万円&200g未満のトイドローンとして上位に位置する人気モデルだ

まきせ
まきせ

完全版ということでこんなアルミケースに収まったかなり便利なパッケージ内容になっている

そしてT-25ではこんな風に上空から空撮をしたり、シャッシャと飛行させたりすることができるぞ(カメラはHS120Dと性能が同じなので写真を共有しています)

 

この投稿をInstagramで見る

 

LIONS facilityのドローン練習場の様子です。スペースの広さの参考にしてください

なとりさん(@natori_blogman)がシェアした投稿 –

まきせ
まきせ
さっさと動いて壁が近いところでも周りに影響されずに飛行している様子が良く映っている
まきせ
まきせ
200g未満ドローンユーザーにとって有力な選択肢になること間違いない

いろいろ使ってみた結果、T-25完全版は

  • とっても便利な専用アルミケース
  • バッテリーも2個ついていて
  • そして本体の飛行性能、GPSによる機体保持性能もすばらしい
まきせ
まきせ
この三点がT-25完全版の主な魅力だとわかった
まきせ
まきせ
その他魅力についても本記事を通じて掘り下げていきたい
まきせ
まきせ
Potensic T-25完全版の魅力の全貌を暴いてみよう
Potensic ドローン GPS 搭載 高度・座標ホバリング 200g未満(カメラ含む) 1080P 120°広角HDカメラ付き フォローミーモード オートリターンモード WIFIリアタイム 国内認証済み T25全能版 バッテリー2個 収納ボックス付き
Potensic

T-25とは

Potensicが2018年に発売したモデル。従来の流線形の形から大きくデザインチェンジをして200g以上の空撮ドローンのような左右対称のデザインへと変化した

価格は14900円前後でT-18よりも1000円高く、HolyStoneのHS120よりも5000円ほど安い*価格は2020年6月現在物で変動の可能性があります

T-25とT-18は同時期に出たモデルで販売元も同スペックだと公称している。実質色違い&デザイン違いモデルだ

去年から今年にかけてトイドローンの3強の1つを担っていたと思うのだが、今回は専用アルミケースと予備バッテリーがついた完全版としてリリースされた

まきせ
まきせ
T-25に予備バッテリーと完全ケースがついたもの、それが完全版

はたして専用ケースとはどんなクオリティなのだろうか、従来のT-25からお値段5000円アップの価値はあるのだろうか…

それでは実際に見ていこう

まきせ
まきせ
レッツゴー

T-25 開封の儀

amazonから届いたダンボール。この時点でだいぶ小さい

あけたら銀のケースが!なんか立派だぞ!

ででーん!アルミケース入りはやっぱいいですねぇ~

iPadminiを並べてみてもご覧の通り。相当小さいですよ

計ってみたところ33cmx23cmx15.5cmって感じの寸法ですね

パカッ

めっちゃキレイに収納されてますねぇ

内容品の様子画像を作ってみました

  1. T-25本体
  2. コントローラー、スマホホルダー
  3. バッテリーx2個
  4. パーツ類(プロペラガード、プロペラ予備、スタンド、ドライバー、充電ケーブル
  5. マニュアル(説明書、クイックガード *どちらも日本語対応)
まきせ
まきせ
内容物はこんな感じだ!この価格帯ではだいたい一緒ですね

コンパクトさ具合がすごい

さっきのパーツ分類画像をみてもらってもわかると思うんですけど、すごい小さくおさまるように設計されてるんですよね

通常ドローンを持ち運ぼうと思ったらと何かに入れて運ぶですけど、プロペラがすごい邪魔になるんですよね。私もだいたい2~3台持ち運ぶんですけどそんな高いドローンじゃないので左右交互になるような感じ組んで袋にいれてたんですよ

省スペースのためにやむなくやってるんですけど安全ではないですよね。毎回壊さないようにすごい気を使います。

いままではこれ+コントローラーを入れてるバッグを持ってたんですけど..

まきせ
まきせ
T-25ならこのケース1つで全部持ち運べる

う~むありがたい。しかもこれだった車に積むときとか上にも重ねられますからね

バッテリーの付属数は2個ですが、それとは別に3個収納するスペースがあるので合計5個このケースで持ち運べます

家でしまっておくときもこのケースのまま好きなところに重ねて置けるんでこれは相当便利ですね

まきせ
まきせ
持ち運びにも収納にも専用アルミケースは活躍
まきせ
まきせ
ある程度いくと性能は横並びしてしまうのでこのアドバンテージは大きいです

本体の様子

本体を見てみましょう

白い流線形のボディ、200gなので見た目よりもだいぶ軽いです

中身はスカスカでボディというよりガワ(入れ物)といった印象でしょうか

スタンドは最初からはまっていますが見る限りでは一応はずせそうですね

プロペア部分のギアももちろんカバーされています。最近はもうこの設計が必須ですね

こんな感じで第一世代から全体的に改良された2018~2019年のドローンといった感じですね

カメラ

カメラの可動域も十分に広いです

一番上にした場合

一番下にした場合

カメラ可動域は45度といったところでしょうか。十分に広いですね

まきせ
まきせ
カメラの根本にモーターが入っているのでアプリから遠隔でのコントロールが可能です

バッテリー

バッテリーは専用ケーブルで充電します

各ボタンの意味はこんな感じ

ランプが右に行くほど残量が多い

まきせ
まきせ
そして充電が終わったらランプは消灯します

本体へはスライドしてカチッとするだけで装着可能

 

 

 

 

バッテリーのボタンを押すと電源が入って

ボタンを長押しで電源オフです

まきせ
まきせ
ふむ、とっても簡単だ

コントローラー

コントローラーは完全にT-18の色違いですね。小さくてステータスモニターもあるので良いです

各ボタンの役割

中央ボタン 電源、離陸着陸、リターンの重要操作の管理

左右スティック 機体の高度上下、向きの回転

奥のLRボタン その他カメラの角度など

といった具合で同系統の操作が整理されていて使いやすいです

まきせ
まきせ
重要なボタンが押しやすいエリアに、オプション操作が背面にあるので良い設計と言えます

飛行の様子

T-25を飛ばしてみた感じは、簡単に操作できるお手軽ドローンといったところでしょうか

電源を入れると最初にGPSのキャリブレーションが入ります。用意ができたら離陸ボタンを押せば1mぐらいの高さに上昇しスタンバイをしますので、その後ユーザーの操作でフライトします

高い位置を飛行させるとどうしても風で揺られてしまいますが、強い風でない限りその場の位置と高度は保ってくれます

専用アプリも良し

Potensicは専用アプリを出しているのでモデルを指定して操作できるんですよね

デフォルトではビギナーモードとして飛行距離に制限がかかっているので解除して飛ばしましょう

基本コントローラーで操作しますが、アプリの画面がわかりやすいというのも高ポイントです

室内での様子ですがアプリと接続するとカメラの映像がwi-fiで確認できます。高度も表示されますしアプリ越しの情報が多いです

楽しい

いろいろ理屈を述べてきましたが、、、飛ばすと超楽しいです!!

毎回私は飛ばすために遠くまで出かけているので行く前は「面倒だなぁ、、」って思うんですけど一度飛ばせばそんなものは消えてしまいますね

まきせ
まきせ
ドローンで空を自由に飛び回っている楽しさは他の趣味にはないものがあります

いつもテンションが上がりすぎて予定よりも遠くに飛ばしすぎてしまうので理性ある操作を心掛けたいです

飛行動画たち

例のごとく私より上手な動画がいろいろあがっていますのでそちらを紹介したいと思います

100Mを超える高さで飛行していると思われます。揺れていますがそれでも動画の乱れは小さいです

また、低空での左右の移動動作も安定していることが伺えます

操縦者目線

こちらは飛行しているT-25を操縦者目線で録画した動画です

キビキビッと動いていますね。低空での動作は不安定になるとすぐに地面と接触してしまうのですが高度を保つ制度の高さがうかがえます

完全版の名に恥じない構成かな!

まきせ
まきせ
T-25の一番の特徴はやはり専用ケースでしょうね

ケースの中に入れていれば重さも左右の揺れもまず大丈夫だと思うので、持ち運び&収納性両方でとっても便利になりました

まきせ
まきせ
完全版の名は伊達じゃない!

専用ケースを別売りで買うと?

アルミケースは安価なものでは2000円前後からあるのですけど、ドローンのボディが入る大きさとなるとある程度の厚みになってしまいます

ドローン本体が約15cmの高さなので安くても3500円ぐらいはしてそこから中の衝撃緩和剤を自作する形になります

既製品のようにコントローラーも隙間にぴたっと抑える形で削るのはまず無理だと思うのでハードケースに入れたいならT-25を買うのが早そうです

まきせ
まきせ
ドローンはある程度良い物を絞った後は好みになってしまうのでどれにしようかな~と迷ったらケースがあるというのが十分良い判断材料になると思います

まとめ

こんな感じでT-25完全版は2019年7月現在2万円&200g未満のドローンで非常に有力なモデルです

比較対象はPotensicのT-18やHolyStoneのHS120Dあたりになるでしょう。私は全部買ってレビューしてあるので気になる方は記事下からそちらもご覧ください

T-18T-25完全版HS120D
値段13990円19900円19900円
重量185g198g198g
GPS
録画1080P HD1080P HD1080P HD
バッテリー1つ2つ2つ
駆動時間8分程度8分程度13分程度
その他ケース付き!

最終的な好みは飛ばしてみないとわからないので事前情報ではバッテリーの数やデザイン、PotensicとHolystoneどっちが好きか、とか価格で選んでしまってよいと思います

T-25完全版はこんな人におすすめ

  • 予算2万円ぐらいで200g未満の航空法規制適応外のドローンが欲しい
  • 屋外で飛ばすからGPS内臓の物が欲しい
  • なるべく新しい物、動作が安定しているもの
  • 持ち運びしやすいケースも欲しい

この辺りに当てはまる人はT-25完全版を購入すると良いと思います

まきせ
まきせ
ちなみにバッテリーは別売り2000円で追加購入可能です
created by Rinker
Potensic
¥2,990(2020/07/15 07:36:47時点 Amazon調べ-詳細)

「迷ったら全部買う!」もドローンユーザーの1つのスタイルです

ちなみにT-25のケースにはT-18も収納可能です!

まきせ
まきせ
とりあえず一個はこういうアルミケース持っておきたいかな!

以上Potensic T-25完全版のレビューでした

Potensic ドローン GPS 搭載 高度・座標ホバリング 200g未満(カメラ含む) 1080P 120°広角HDカメラ付き フォローミーモード オートリターンモード WIFIリアタイム 国内認証済み T25全能版 バッテリー2個 収納ボックス付き
Potensic
*後日期
T-25の完全版モデルが好評だったのでT-18もアルミケース付きの完全版モデルが発売されました。この二つは完全に見た目の好みで選んでしまってよいでしょう
Potensic ドローン GPS 搭載 高度・座標ホバリング 200g未満(カメラ含む) 1080P 120°広角HDカメラ付き フォローミーモード オートリターンモード WIFIリアタイム 国内認証済み T18全能版 バッテリー2個 収納ボックス付き
Potensic
【2万円&200g未満】GPSが搭載されたPotensic T18の全貌【飛行映像つき】
まきせ 第一次ドローンブームから数年たち日本のドローンユーザーの中でも人気メーカーが出来、去年から今年にかけてさらに改良されたモデルが多数発売されました Aちゃん ふむふむ~新しくなったのね...
【動画付き紹介】2019年人気ドローンHolyStone HS120Dのコントロール性能はすごいよ!
まきせ 2019年4月に発売されたHolyStoneのトイドローンHS120D 僕が普段紹介しているPotensicと同様に、200g未満2万円以内など手軽でハイスペックなトイドローンを販売している2大メーカーで、こ...

*この記事で紹介している価格やオプションの数は2020年6月現在の物で実際のものとは異なる可能性があります。ご購入前に商品ページよりご確認下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました