その他1万円台のドローンを紹介 (2019年4月版

ドローン

こんばんは、先日PotensicのT18を紹介しましたが

今回も200g未満の重量で1~2万円の最も遊びやすくコスパが良いゾーンで紹介していきます

 トイドローンが流行りだしてから2年、各メーカーから様々なモデルがでました
もっともユーザーが多いこの200g未満のモデルは現在どんな感じになっているのでしょうか

Potensic – T25

特徴

まずは私が信頼している2大メーカーPotensicからT-18の類似モデルT-25です

こちらも200g未満、2万円未満規制外ドローンで低価格ながらGPSを搭載したモデルです

価格は18,800円 前後 2000円のクーポンやセールあり  (2019年4月現在の物で価格は時期により変動致します

T-18とは確固たる違いはないようなのだから同価格帯の別モデルと考えていいでしょう。T-18とT-25で迷ったらデザインの好みで決めてしまおう

レビュー数評価もかなり良く、Potensicで今最も売れているドローンという感じだ

youtubeにいろんなユーザーが空撮動画をアップしてくれているが高度も高く、映像もかなりキレイだ

空撮の魅力が良く伝わる動画、2万円未満でこの映像が撮れる。空撮動画を見た人は画質の良さに驚くだろう

この動画は100M以上のそうとうな高度まであげていますね。制御の良さが伝わる

Holy Stone – HS200

特徴

私が信頼する2大ブランドの二つ目HollyStone

Potensicと同ランク帯の製品なのだけど、HollyStoneのほうがボディが薄くてアクロバット操作は安定する

価格 12,080円前後 で今回紹介している中で最安のモデル(2019年4月現在の物で価格は時期により変動致します

GPSは内臓していないがヘッドレスモード、高度維持などの基本的な機能は備えている

2年以上扱われているロングランモデルでAmazonでも脅威の600レビュー超え

操作性を優先したい場合、室内や屋外の近い範囲でクロバット飛行をしたいというならPotensicのものよりこちらが良いと思う

この動画が設置カメラ目線、ドローンのカメラ目線両方映っていてわかりやすい

住宅街が近いのに拾いスペースがあってうらやましい・・!

Ryze トイドローン Tello Powered by DJI

特徴

以前はあまり見かけなかったTelloというメーカーだが最近人気なようだ

手のひらサイズのボディで重量が80gとかなり小型なドローン

価格 12,660円  (2019年4月現在の物で価格は時期により変動致します

外国ではメジャーな有名なメーカーなのでパーツも充実しています

操作の安定性でいうと実は大きいほうが安定するのだが、飛行スピードにおいては小型モデルのほうが大きく勝る

かさばらずにバッグに入れたい、山登りに持って行って頂上からまわりをみてみたい、というような用途にはこういう小型モデルがよいだろう

ロケーションがすばらしく空撮の魅力がつたわりやすい動画

私もこんなキレイな場所で空撮してみたい!

まとめ

こんな感じでが2019年度版、重量200g未満のお値段2万円未満で気軽に遊べるドローンの紹介でした

ドローンは飛ばせる場所が少ない問題がありますがじわじわとユーザーが増えていて日本中でいろんな人が空撮を楽しんでいるようです

皆様も楽しいドローンライフを

2万円超えのドローン紹介記事はこちら

https://drone-lab.com/drone-005-over200/

コメント

タイトルとURLをコピーしました